週刊ヤングジャンプ連載の銀河英雄伝説47話のあらすじと感想

前回に引き続き、巨大ガス惑星レグニッツァに突入しようとしている同盟軍の艦隊、それを追いかけるのは帝国軍のラインハルトです。前回は新しく加わった副官二人を上手く使い、狙い通りにレグニッツァに追い込むことが成功しました。
そしてレグニッツァに突入した同盟軍でしたが、ヤンは亡き父の言葉を思い出していたのです。それは「偉人なら一度の忠告で反省する、凡人なら二度繰り返して諌められればまずあらためる、できの悪い奴でも三度も言われれば考え直す、それでも態度を変えないような奴は見放してよろしい」というものでした。実際にヤンは今回司令官に忠告したにも関わらず相手にされませんでした。
相手がかつての強敵と察したヤンは、同乗している友人のラップから、司令官を諌めてもらうようにお願いします。そしてラップは順序良く説明し、自軍の危機にようやく気付いた司令官は撤退を命令したのでした。
帝国軍の攻撃により8割の被害を被った同盟軍艦隊でしたが、ヤンのおかげで2割は無事、そしてラインハルトはその2割は運の良い奴として逃がすことにしたのです。
イゼルローン要塞に戻ることになったラインハルトはこれからどうなるのでしょうか、おそらくまだ帝国貴族との闘いが待っていると思いますが、これからどうやって帝国貴族と闘っていくのかが楽しみになります。キャッシング 借り換えとは